子どもの居場所立ち上げのノウハウ

KnowHow

子どもの居場所立ち上げの前に

1
見学しよう
一言で“子どもの居場所”と言っても、様々な居場所があります。
いろんな居場所を見学し、開設したい居場所のイメージをふくらませていきましょう。
見学するポイント
  • ○居場所の立地
    ○居場所の広さ
    ○居場所の設備
    ○スタッフやボランティアの数
    ○資金・資材の集め方
  • ○チラシなど周知方法
    ○居場所に来る人数の規模
    ○保険や衛生管理の仕方
    ○1日のスケジュール など
2
仲間を集める
一緒に活動してくれる仲間が必要になります。
仲間が集まったら、開設したい居場所のイメージを共有し、どういった居場所にするのかを話し合いましょう。
話し合うポイント
  • ○どんな居場所にしたいのか
    ○何のために居場所づくりをするのか
    ○誰のために居場所をつくるのか
    ○各々がどういった支援ができるのか など
3
地域の情報を整理しよう
居場所を開設することで重要なことは、地域の現状を知ることです。
子どものニーズ、親のニーズ、地域のニーズは多様化しています。地域の特色などを整理しましょう。
整理するポイント
  • ○子どものニーズ
    ○親のニーズ
    ○地域のニーズ
    ○地域の特色(強み・弱み) など

立ち上げの手順

検討し、準備しましょう。

1
計画してみよう
居場所の分野が決まったら、次は具体的な計画を立てます。
いつ(日時)、どこで(場所)、だれに(対象者)、どんなことをするのかをまとめましょう。
検討するポイント
  • ○開催頻度を決める
    ○開催日時(月○回、○曜日、○時~○時など)を決める
    ○開催前日までの準備
    ○開催当日の流れ
    ○会場を決める
    ○対象者を決める
    ○スタッフの役割分担を決める
  • ○資源調達方法を決める
    ○利用料を決める(小中学生以下、大人で設定するなど)
    ○居場所運営のルールを決める
    ○周知方法を決める
    ○会場レイアウトを決める
    ○保険や衛生管理の仕方を決める など
2
呼びかける
子どもたちに向けて呼びかけるときは、相談をした自治体や地域、学校などに協力を依頼しましょう。
なお、子どもたちに向けて呼びかけるときは、子どもたちが理解できるように内容を工夫しましょう。
呼びかける方法
  • ○自治会の回覧板で呼びかける
    ○地域の商店などでPR
    ○学校にチラシなどを配布する
    ○看板を設置する
    ○SNSを使った広報 など
3
リスク確認
活動を行うにあたり、リスクも生じます。
活動を行う地域や内容に応じて各自治体の窓口や、学校、自治会、民生児童委員など各種団体に相談し、安心・安全に活動できるようにしましょう。特に食事を提供する場合は、衛生管理について確認しましょう。
相談するポイント
  • ○ボランティア保険に関すること : 社会福祉法人佐賀県社会福祉協議会
    ○衛生管理に関すること : 管轄する県保健福祉事務所
    ○食物アレルギーに関すること : 管轄する県保健福祉事務所
  • ※相談先の連絡先は、相談窓口をご参照ください。
4
開催準備をしよう
オープンの前に前日までの準備を確認しましょう。
1週間前までの準備のポイント
  • ○会場を確保しましょう
    ○開催当日の流れを決定しましょう
    ○協力先(ボランティアや学校等)へ依頼しましょう
    ○チラシを作成し、配布しましょう
    ○スタッフ、ボランティアへ事前説明をしましょう
    ○必要な保険に加入しましょう など
前日までの準備のポイント
  • ○進行表や当日配布する印刷物などを事前に印刷、準備しましょう
    ○物品、準備物の最終確認をしましょう
    ○会場が使用できる場合は、前日のうちにレイアウトを整えましょう
    ○スタッフ、ボランティアの駐車場・駐輪場を確保しましょう
    ○参加者名簿・名札等を準備しましょう
    ○会場の安全確認をしましょう
    ○衛生管理の確認をしましょう
5
一度やってみよう
オープンの前に、地域の関係者・支援者を集めてプレオープンを行ってみましょう。
多くの方に居場所を知ってもらうきっかけとなります。
プレオープンで確認するポイント
  • ○設備や備品の不備がないか確認
    ○スタッフの動きを確認
    ○アンケートなどによる参加者からの気づき など
6
開催当日の準備・流れについて
オープン当日の準備・流れを確認しましょう。
当日の準備・流れ確認のポイント
  • ○会場設営(開催チラシ、入口、トイレなどの掲載)をしましょう
    ○会場の安全確認をしましょう
    ○食事を提供する場合は、衛生管理やアレルギー対応について確認しましょう
    ○参加者名簿や名札等の受付準備をしましょう
  • ○当日の進行や緊急時の対応について、スタッフ、ボランティアと共有しましょう
    ○施設の利用方法やスタッフ・ボランティアの荷物の保管場所などを確認しましょう
    ○居場所を終了したら、会場内の確認(破損など)、戸締りをしましょう
    ○スタッフ、ボランティアでよかった点、困った点など共有し、次回に役立てましょう

子どもの居場所立ち上げのノウハウ

KnowHow

子どもの居場所立ち上げの前に

1
見学しよう
一言で“子どもの居場所”と言っても、様々な居場所があります。
いろんな居場所を見学し、開設したい居場所のイメージをふくらませていきましょう。
見学するポイント
  • ○居場所の立地
    ○居場所の広さ
    ○居場所の設備
    ○スタッフやボランティアの数
    ○資金・資材の集め方
  • ○チラシなど周知方法
    ○居場所に来る人数の規模
    ○保険や衛生管理の仕方
    ○1日のスケジュール など
2
仲間を集める
一緒に活動してくれる仲間が必要になります。
仲間が集まったら、開設したい居場所のイメージを共有し、どういった居場所にするのかを話し合いましょう。
話し合うポイント
  • ○どんな居場所にしたいのか
    ○何のために居場所づくりをするのか
    ○誰のために居場所をつくるのか
    ○各々がどういった支援ができるのか など
3
地域の情報を整理しよう
居場所を開設することで重要なことは、地域の現状を知ることです。
子どものニーズ、親のニーズ、地域のニーズは多様化しています。地域の特色などを整理しましょう。
整理するポイント
  • ○子どものニーズ
    ○親のニーズ
    ○地域のニーズ
    ○地域の特色(強味・弱み) など

立ち上げの手順

検討し、準備しましょう。

1
計画してみよう
居場所の分野が決まったら、次は具体的な計画を立てます。
いつ(日時)、どこで(場所)、だれに(対象者)、どんなことをするのかをまとめましょう。
検討するポイント
  • ○開催頻度を決める
    ○開催日時(月○回、○曜日、○時~○時など)を決める
    ○開催前日までの準備
    ○開催当日の流れ
    ○会場を決める
    ○対象者を決める
    ○スタッフの役割分担を決める
  • ○資源調達方法を決める
    ○利用料を決める(小中学生以下、大人で設定するなど)
    ○居場所運営のルールを決める
    ○周知方法を決める
    ○会場レイアウトを決める
    ○保険や衛生管理の仕方を決める など
2
呼びかける
子どもたちに向けて呼びかけるときは、相談をした自治体や地域、学校などに協力を依頼しましょう。
なお、子どもたちに向けて呼びかけるときは、子どもたちが理解できるように内容を工夫しましょう。
呼びかける方法
  • ○自治会の回覧板で呼びかける
    ○地域の商店などでPR
    ○学校にチラシなどを配布する
    ○看板を設置する
    ○SNSを使った広報 など
3
リスク確認
活動を行うにあたり、リスクも生じます。
活動を行う地域や内容に応じて各自治体の窓口や、学校、自治会、民生児童委員など各種団体に相談し、安心・安全に活動できるようにしましょう。特に食事を提供する場合は、衛生管理について確認しましょう。
相談するポイント
  • ○ボランティア保険に関すること : 社会福祉法人佐賀県社会福祉協議会
    ○衛生管理に関すること : 管轄する県保健福祉事務所
    ○食物アレルギーに関すること : 管轄する県保健福祉事務所
  • ※相談先の連絡先は、相談窓口をご参照ください。
4
開催準備をしよう
オープンの前に前日までの準備を確認しましょう。
1週間前までの準備のポイント
  • ○会場を確保しましょう
    ○開催当日の流れを決定しましょう
    ○協力先(ボランティアや学校等)へ依頼しましょう
    ○チラシを作成し、配布しましょう
    ○スタッフ、ボランティアへ事前説明をしましょう
    ○必要な保険に加入しましょう など
前日までの準備のポイント
  • ○進行表や当日配布する印刷物などを事前に印刷、準備しましょう
    ○物品、準備物の最終確認をしましょう
    ○会場が使用できる場合は、前日のうちにレイアウトを整えましょう
    ○スタッフ、ボランティアの駐車場・駐輪場を確保しましょう
    ○参加者名簿・名札等を準備しましょう
    ○会場の安全確認をしましょう
    ○衛生管理の確認をしましょう
5
一度やってみよう
オープンの前に、地域の関係者・支援者を集めてプレオープンを行ってみましょう。
多くの方に居場所を知ってもらうきっかけとなります。
プレオープンで確認するポイント
  • ○設備や備品の不備がないか確認
    ○スタッフの動きを確認
    ○アンケートなどによる参加者からの気づき など
6
開催当日の準備・流れについて
オープン当日の準備・流れを確認しましょう。
当日の準備・流れ確認のポイント
  • ○会場設営(開催チラシ、入口、トイレなどの掲載)をしましょう
    ○会場の安全確認をしましょう
    ○食事を提供する場合は、衛生管理やアレルギー対応について確認しましょう
    ○参加者名簿や名札等の受付準備をしましょう
  • ○当日の進行や緊急時の対応について、スタッフ、ボランティアと共有しましょう
    ○施設の利用方法やスタッフ・ボランティアの荷物の保管場所などを確認しましょう
    ○居場所を終了したら、会場内の確認(破損など)、戸締りをしましょう
    ○スタッフ、ボランティアでよかった点、困った点など共有し、次回に役立てましょう