子どもの居場所立ち上げのポイント

Point

1
どんな居場所にするのか整理しましょう
子どもの居場所と言っても、こども食堂や遊び場、学習支援など、様々な種類があります。まず、どんな居場所をつくりたいのか整理しましょう。
2
地域の情報を整理しよう
居場所を開設することで重要なことは、地域の現状を知ることです。子どものニーズ、親のニーズは多様化しています。地域に必要なことや地域の強みなどを整理しましょう。
3
支援者(仲間)を集める
活動を行うためには、一緒に活動してくれる支援者が必要になります。一緒に活動をしてくれる支援者を集めて、居場所について話し合いましょう
4
計画してみよう
居場所の分野が整理出来たら、次は計画をします。いつ(日時)どこで(場所)だれに(対象者)、どんなこと(実施内容)をするのかまとめましょう。併せて、実践するために必要なヒト・モノ・カネなども整理してまとめましょう。
5
リスクを確認しましょう
活動を行う場合、リスクも生じます。子どもたちが安心・安全に居場所で過ごせるようにしましょう。
6
呼びかけてみましょう
居場所を開催する際は、広く情報発信をしましょう。情報発信する場合は、チラシやSNSなどを使うと広く発信できます。また、自治体や学校などに協力を依頼する方法もあります。

子どもの居場所立ち上げのポイント

Point

1
どんな居場所にするのか整理しましょう
子どもの居場所と言っても、こども食堂や遊び場、学習支援など、様々な種類があります。まず、どんな居場所をつくりたいのか整理しましょう。
2
地域の情報を整理しよう
居場所を開設することで重要なことは、地域の現状を知ることです。子どものニーズ、親のニーズは多様化しています。地域に必要なことや地域の強みなどを整理しましょう。
3
支援者(仲間)を集める
活動を行うためには、一緒に活動してくれる支援者が必要になります。一緒に活動をしてくれる支援者を集めて、居場所について話し合いましょう
4
計画してみよう
居場所の分野が整理出来たら、次は計画をします。いつ(日時)どこで(場所)だれに(対象者)、どんなこと(実施内容)をするのかまとめましょう。併せて、実践するために必要なヒト・モノ・カネなども整理してまとめましょう。
5
リスクを確認しましょう
活動を行う場合、リスクも生じます。子どもたちが安心・安全に居場所で過ごせるようにしましょう。
6
呼びかけてみましょう
居場所を開催する際は、広く情報発信をしましょう。情報発信する場合は、チラシやSNSなどを使うと広く発信できます。また、自治体や学校などに協力を依頼する方法もあります。